産後の痔の症状とは?出血した場合の治療方法や治し方とは?

産後の痔

産後の症状にはどんなものがあるのでしょうか。

出産後、様々な症状に悩むママは少なくありません。実は痔もその中の一つ。

出産後のママの実に2~3人に一人が痔に悩んでいるといわれています。

しかし、痔というのはほかの症状と比べると人に言うのが恥ずかしく、一人で抱え込んで何も対処しないという人も少なくありません。

痔はそのままにしておくと悪化してしまい、手術が必要な時もあるので要注意!!

その為、早いうちからきちんと対処をすることが大切です。

産後の痔や出血してしまった場合の治療方法や治し方はあるのかも確認してみましょう。

スポンサードリンク

産後の痔の症状にはどんなものがある?

産後の時の症状には大きく分けて2つの症状が見られます。

一つ目が切れ痔(裂肛)、もう一つがいぼ痔(痔核)です。

切れ痔(裂肛)とは?

切れ痔は便秘で硬くなってしまった便が肛門を通る際に肛門が裂けてしまう痔のことを言います。

切れ痔の場合、排便時に痛みを生じ、少量の出血があり、これを繰り返すと肛門自体が狭くなってしまうことがあるので注意が必要です。

いぼ痔は、肛門周囲の血流が悪化してしまい、肛門の周りがうっ血していぼができてしまうことを言います。

いぼ痔とは?

いぼ痔には、

  • 肛門の外側にできて排便時に痛みが生じる「外痔核」
  • 直腸の内側にいぼができる「内痔核」

の2種類があります。

内痔核になってしまうと、いぼが常に肛門の外に出てきて中に戻らない「脱肛」となって少しの刺激だけでも痛いと感じてしまうようになってしまうのです。

産後の痔で出血してしまった場合の治療方法は?

産後の時にはいくつかの種類がありますが、その中でも出血を伴う痔というと、肛門が裂けてしまう「切れ痔」、そしていぼ痔の中でも肛門の中にいぼができて、排便の時に出血をしてしまうものがあります。

スポンサードリンク

切れ痔の場合には痛みの自覚があり、傷口も目視できるので薬などを塗ることで治療することも可能ですよね!

しかし、肛門の内側にできてしまったいぼが原因の出血となるとなかなか難しいもの。

目視をすることができませんし、肛門の内側というのは神経が通っておらず、痛みがないので急に出血をすることで気づくという人も。

しかし、これもそのままにしておくと悪化してしまうので、できれば思い切って医療機関を受診したほうがいいといえると思います。

産後の痔が痛い場合の治し方とは?

産後の痔のほとんどは痛みを伴い、排便をするときなどはとても大変なものですよね。

では、そんな痔の治し方にはどのようなものがあるのでしょうか?

正直言って自分が痔であることを周囲に話すというのはかなり恥ずかしいもの。

その為、痔の治療といえば真っ先に思い浮かべるのが市販薬の使用だと思います。

ただ、その時に心配になってくるのが、授乳中に市販薬を使用しても大丈夫かということですよね。

ほとんどの市販の時の治療薬には授乳中でも安心して使えるものですが、やはりちょっと心配になる人もいると思います。

そんな時は、一度産院の先生などに相談してみるといいでしょう。

そして、どうしても痛みを伴い我慢が難しいというときや、痔がかなり悪化してしまったというときにはやはり医療機関を受診することをお勧めします。

痔は手術をすることで治すことができるもの。

痔の痛みで育児や家事がままならないというときには一番良い方法だと思います。

ただ、その時に使用する薬などで、しばらく授乳ができなくなるので、あらかじめ母乳を冷凍しておいたり、粉ミルクの準備をしておくなどの必要があります。

まとめ

産後、急に痔になってしまうとママも驚いてしまいますよね。

そして痔というのは人に話すのはちょっと恥ずかしいものでもあります。

ただ、症状によっては悪化して手術が必要になるものもあるので早めの対処が必要になってきます。

ほとんどの産後の痔の原因は水分不足。

こまめに水分を取るようにし、痛みが伴う場合にはドーナツ型クッションなどを使用するなどして乗り切りましょう。

もちろんどうしても痛みが引かない、症状が重いなどの時には医療機関を受診するようにしてなるべく早く解決することも必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ