産後の妊娠しやすい時期はいつからいつまで?

産後の妊娠

産後妊娠しやすいと何故いわれるのでしょうか?

出産後、妊娠しやすいという話を聞いたことはありませんか?逆に妊娠しにくいという話も聞きます。

実際にはどちらが正しいということはないようです!

例えば、出産後に授乳をしていれば、排卵が抑えられるホルモン場分泌されているので授乳期間は妊娠をしにくいというのが通説のようです。

しかし、これが全員に当てはまるかといえばそうというわけでもなく、授乳中でも排卵が起こり妊娠するという人もいます。

では、ここでは

  • 産後は妊娠しやすいのか?
  • 産後の妊娠しやすい時期はいつからいつまでなのか?

ということについていろいろとみていきたいと思います。

スポンサードリンク

産後は妊娠しやすい?

なぜ、産後は妊娠しやすいといわれるのでしょうか?

まず出産後は赤ちゃんに母乳をあげて育てるママがほとんどだと思います。

この授乳期間というのは、ママの身体の中ではプロラクチンというホルモンが多く分泌されています。

このホルモンの働きは、母乳を出やすくすると同時に排卵を抑える働きもあるのです。

その為、授乳期間中というのは生理の再開が抑制され、妊娠がしにくくなるということなのです。

もちろんすべてのママに当てはまるというわけではなく、母乳をあげていても出産後1~2か月くらいで生理が再開するという人もいます。

なぜ産後は妊娠しやすいと言われるのか?

ではなぜそんな状態で産後は妊娠しやすいといわれるのかというと、それは出産によって排管や子宮がきれいになるからといわれています。

排管や子宮がきれいになることによって受精卵の着床がしやすくなり妊娠しやすくなるというわけなのです。

その為、生理さえ再開すれば妊娠がしやすい体になっているということで産後は妊娠しやすいといわれているようです。

産後の妊娠しやすい時期はいつから?

なぜ産後妊娠しやすいのか、その理由はわかったと思います。

では、妊娠しやすい時期というのはいつからと考えられるのでしょうか?

スポンサードリンク

はっきり言って産後妊娠しやすい時期はいつからというのは特にはありません。

ただ、先ほども言ったように、産後授乳中というのは排卵が抑制されるホルモンが分泌されているので母乳で育てているママは比較的生理の再開は遅くなります。

もちろん授乳をしていてもすぐに生理が再開するママもいるのですべてに当てはまるわけではありません。

生理が再開する時期が目安!

それでも、母乳で育てているママとミルクで育てているママであれば、ミルクで育てているママの方が生理の再開は比較的早い人が多く、その為に次の妊娠がしやすくなるのも早くなると思います。

授乳をやめる時期が生理が再開する時期、そして妊娠しやすい時期の一つの目安になるかもしれませんね。

産後の妊娠しやすい時期はいつまで?

産後、なぜ妊娠しやすいといわれるかその理由は出産後の排管や子宮がきれいになるからということはわかったと思います。

では、産後の妊娠しやすい時期はいつごろまでなのでしょうか?

これも正直言っていつまでという明確なことは言うことはできません!

それはママの体調や栄養状態など個人差が大きいからです。

もちろん極端に授乳を止めた時点で生理が再開し、妊娠をするという人もいますし、生理が再開する前に妊娠をするという人もいます。

これは、産後初めての排卵で妊娠する可能性があるからです。

もしも次の子を早めにほしいというのであれば、なるべく授乳は早く切り上げることで生理再開を促すことができますし、逆にしばらく次の子は大丈夫だという人は授乳を長く続けてるといいでしょう。

ただし、生理が始まっていないからといって油断をしていると思いがけず妊娠ということもあるので、夫婦生活にはきちんと避妊をするようにしましょう。

まとめ

産後、妊娠しやすい理由には、出産で排管や子宮がきれいになるからということが分かったと思います。

ただ、その妊娠しやすい期間というのはいつからいつまでということは個人差があるのではっきりということはできません。

それでも生理再開の目安として授乳をしているかしていないかというのが一つかかわっているということを覚えておくとよいでしょう。

次のこが直ぐに欲しいという人はなるべく早く授乳を切り上げ、逆にしばらく間を開けたいという人は長く授乳を行うことで生理の再開を抑えることができます。

もちろんはっきりとしたことは言えないので、家族計画はしっかりとしておくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ