産後1ヶ月の体重の変化や生理再開と妊娠の可能性について

産後1ヵ月になると「床上げ」といわれましたよね。

それまでは出産後のお母さんはなるべく横になって安静に過ごすことがよいとされ、1か月を目安に少しずつ家事や育児を本格的にやっていくという時期でもあります。

産後1ヶ月

もちろんお母さんの体自身も1か月でずいぶんと回復してきます。

では、産後1ヵ月のお母さんの出産直後からどのような変化があるのでしょうか。

そして、次の子の妊娠の可能性というものはあるのでしょうか?

目次

  • 産後1ヶ月後の体重の変化とは?
  • 産後1ヶ月で生理再開?
  • 産後1ヵ月で妊娠の可能性がある?
スポンサードリンク

産後1ヶ月後の体重の変化とは?

妊娠することでお母さんの身体は劇的に変化をしますよね。

その中でも目に見えて変化するのがその体重と体型。

おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれてお母さんのお腹は次第に大きくなり、もちろんそれに伴い体重も増えていきます。

出産しても体重は妊娠前と同じにならない?

しかし、出産をしたからといって体重が妊娠前に戻るのかというとそうではありません。

妊娠すると、赤ちゃんの体重分だけではなく、羊水や胎盤、そして赤ちゃんを支えるため・そして守るために体全体に脂肪がつくのです。

その為、出産しても体重が直ぐに元に戻るわけではなく、脂肪などが残ってしまうのです。

しかしその脂肪というのは産後、規則正しい食事などをしていれば授乳などでだんだんと減っていきます。

産後1ヵ月では、体重が戻る人と戻らない人に分かれるようです。

授乳をしっかりしていると体重が戻りやすい?

体重が戻る人の多くはしっかりと授乳を行っているという人が多いようです。

もちろん産後1ヵ月で体重を元に戻さなくてはいけないというわけではありません。

産後ダイエットなどで運動を行う場合も産後1ヵ月くらいまでは無理は禁物です。

スポンサードリンク

体重の減りは個人差があるので、自分のペースで減らすようにしましょう。

産後1ヶ月で生理再開?

産後、どのくらいから生理が再開するのか気になるという人も少なくないと思います。

生理再開は個人差があり、産後1ヵ月ほどで再開する人もいれば、1年以上再開しないという人もいます。

なぜ個人差があるかというのは一概には言えませんが、一つに授乳しているかというのがあるようです。

生理の再開には授乳が関係?

  • 産後、授乳で赤ちゃんを育てていると、排卵を抑えるホルモンが分泌され、生理の再開が遅くなる傾向にあります。
  • 逆にミルクで赤ちゃんを育てていると、生理の再開が早くなるといわれています。

早い人では1ヵ月で再開する人も少なくありません。

ただ、出産後はまだ完全に体が戻りきっておらず、生理が再開しても不安定でまたすぐに止まってしまうなどということもあります。

もちろん早く生理が再開することは悪いことではありませんので安心してくださいね。

産後1ヵ月で妊娠の可能性がある?

出産をした人の中には産後1ヵ月で次の子の妊娠をするという人もいます。

これは決して不自然なことではありません。

産後、早い人では1ヵ月ほどで生理が再開する人がいるからです。

そのため産後1回目の排卵に気づかずに避妊せずに夫婦生活を行うことで妊娠をする可能性があるのです。

特に授乳をせずにミルクで赤ちゃんを育てている人は生理の再開が早く、妊娠する可能性があります。

その為、早く次の子が欲しいという人はなるべく早く授乳を切り上げ、逆にしばらく次の子はいいという人はゆっくりと授乳で赤ちゃんを育てていくことをお勧めします。

まとめ

どうでしたか?

産後1か月というのは、お母さんの体調が回復してくる時期となります。

しかし、まだまだ体重は元に戻らない人も多く、逆に戻らなくても焦らなくても安心してこれからダイエットを行っていくようにしましょう。

そして、産後1ヵ月頃になると、早い人では生理が再開する人もいますし、中には次の子を妊娠する人もいます。

産後1か月というのはいろいろな意味で体調に変化が訪れる時期でもありますので、注意してみていくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ