産後の腹痛で下痢になる原因は?腹痛はいつまでつづく?

産後腹痛について、いろいろ見ていきましょう。

産後の腹痛

出産後、ママの身体は徐々に妊娠前に戻っていきます。

元に戻ろうとするママの身体には、いろいろな変化が起きますが、その中にはつらいものも少なくありません。

その一つに腹痛があります。

産後の腹痛にはいろいろな原因が考えられますが、まず考えられるのが子宮の収縮です。

これに伴い痛みが伴うのです。

他にも産後疲れや産後のストレスなどの原因も上げられますが、中には異常の発生のための腹痛の場合も。

では、ここでは産後の腹痛についてチェックしていきましょう!

    目次

  • 産後の腹痛で下痢になる?
  • 産後の腹痛はいつまでつづくの?
  • 産後の腹痛の原因は?
スポンサードリンク

産後の腹痛で下痢になる?

産後、腹痛と下痢を併発する場合があります。

ストレスが原因に

この原因としては、まずは自律神経の乱れ、つまりストレス性のものが考えられます。

産後のママはなれない育児などでどうしてもストレスがたまりがちに、これがストレスとなり、自律神経の乱れを招き下痢や便秘といった排便のトラブルを起こしやすくなるのです。

骨盤底筋の損傷が原因に

次に骨盤底筋の損傷。

この骨盤底筋、あまり耳にしたことがないという人も少なくないと思いますが、主に膀胱や尿道、子宮などを刺させている筋肉。

この筋肉が出産で損傷されてしまったときに下痢や尿漏れを起こす可能性があります。

消化不良が原因に

そして消化不良や水分の摂りすぎなども下痢の原因と考えられます。

ただ、下痢といっても出産が原因のものであれば回復も考えられますが、中には食中毒の可能性も考えられます。

その為、下痢が長く続く場合や異常を感じた場合にはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

産後の腹痛はいつまでつづくの?

産後の腹痛の原因の多くは子宮が元の大きさに戻ろうとするために起こるもの。

スポンサードリンク

出産後はその痛みが本当につらく、中には出産後1~2日はその痛みで夜も眠れないことも。

1ヵ月くらいでだんだん引いていきます

しかし、その痛みはずっと続くというわけではありません。

人にもよりますが波はあるものの、少しずつ痛みはひいていき、だいたい1ヵ月くらいでだんだん引いていきます。

ただし、一度痛みが治まったからといってもまた痛みが復活してしまったりすることもありますが、これは通常のことなので心配はいりません。

ただ、一カ月を過ぎてもかなりの痛みが続くという場合には、何か異常がある可能性も考えられるので医師に相談することをお勧めします。

産後の腹痛の原因は?

産後の腹痛、特に出産直後から始まるご陣痛には悩まされるママがほとんどだと思います。

中にはあまりにも痛くて体を動かすこともできず、夜寝ることもままならないという人も少なくありません。

もちろん産後の腹痛には子宮収縮の原因のほかにもいろいろな原因が考えられます。

子宮の収縮が原因

一番多いのがやはり先ほども話した子宮収縮のための痛みです。

これは産後、妊娠中に大きく広がった子宮は赤ちゃんがいなくなることで収縮していきます。

これは痛みや期間は人にもよりますが、出産直後をピークに少しずつ収まっていき、だいたい1か月前後にはほとんど痛みは亡くなります。

ストレスやい便秘が原因

その他にも産後疲れやストレスによって伴う腹痛もありますし、便秘の可能性も考えられます。

異常が原因

これらの腹痛であればあまり心配はありませんが、悪露の異常や子宮脱が原因とも考えられます。

もしも異常が感じられた場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

まとめ

どうでしたか?

産後のママの身体は著しく変化していきます。

そして、子宮を元に戻すため、そしてストレスや便秘などいろいろな原因で腹痛を起こすこともあります。

産後の腹痛の原因には後陣痛から便秘・ストレスなど特に問題がないものから悪露の異常や食中毒など問題があるものまで様々。

ただの腹痛だと甘く見ず、もしも異常が感じられた場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ