子供のダイエットの仕方と方法!料理やサプリや運動のおすすめは?

子供のダイエットの仕方や方法のおすすめを紹介しています。

子供のダイエットに効果的な料理メニューやサプリや運動のおすすめ方法について順番に確認していきましょう。

子供のダイエットの仕方と方法

子供なんて、ちょっと太っていても成長期だからあまり気にしなくても大丈夫と思っていませんか?

逆に「子供にダイエットなんて」と考えている人もいると思います。

しかし、子供の肥満というのは

  • 将来の生活習慣病
  • 脳の発達への影響
などが考えられるので深刻な問題なのです。

今回は、気になる子供のダイエット方法について説明していきたいと思います。

    目次

  • 子供のダイエットの仕方やダイエット方法とは?
  • 子供のダイエットにおすすめの料理メニューとは?
  • 子供のダイエットにサプリは有効?
  • 子供のダイエットには運動?
  • まとめ
スポンサードリンク

子供のダイエットの仕方や方法とは?

子供のダイエットは大人と一緒に考えてはいけません。

大人はそれ以上成長することはないので、食事制限などで摂取カロリーを抑えても特に問題はありません。

しかし、子供の場合はまさに成長期。

そんな時に食事制限をしてしまうと、成長が遅くなってしまうという事も考えられます。

子供のダイエットに食事制限はNG!栄養バランスが大切!

子供のダイエット方法で大切なのは、栄養バランスです。

きちんと必要な栄養を取りつつ、余計な脂肪などを控えるという方法です。

つまり、

  • バランスの良い食事を心がける
  • お菓子などカロリーばかり高いものを取ることを控える
ということが第一なのです。

子供のダイエットの料理メニューとは?

子供のダイエットに必要なのは、バランスの良い食事だという事がわかりましたね。

では、実際にどのような料理がおすすめなのでしょうか?

お肉の料理メニュー

例えば、子供が大好きなお肉。

しかしお肉も油たっぷりのカロリーの高いものはいけません。

おすすめなのが鳥のささ身。

鳥のささ身なら梅やチーズ、シソやニンニクなど子供の好きな味付けで満足できます。

ハンバーグの料理メニュー

さらいおすすめなのがハンバーグ。

でも普通のハンバーグはカロリーたっぷりですよね。

そこでおすすめなのが豆腐ハンバーグ。

ひき肉に豆腐を混ぜてハンバーグを作るのです。

豆腐だけではちょっと物足りないですが、豆腐を混ぜるだけなら

  • 満足感も損なわれない
  • カロリーも大幅ダウン
しかも栄養満点の豆腐を手軽にとることが出来ます。

このように、子供の好きなものの中から「カロリーの低いもの・栄養価の高いもの」を上手に選んで取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

子供にダイエットサプリは有効?

子供のダイエットにサプリを使うのはちょっと考えてしまいますよね。

確かに大人向けのダイエットサプリは子供には向きません。

しかし、子供でも利用できるダイエットサプリもあります。

子供のダイエットサプリなら「酵母サプリ」がおすすめ!

例えば、酵母サプリ。

酵母は炭水化物を糖質と食物繊維に分解し、さらに糖質だけを分解して食物繊維を残してくれます。

他にも、無添加のものや天然由来のものをなるべく選んであげることが必要です。

ダイエットサプリには、年齢制限があるものもあります。

気になるときには、使う前に注意事項をよく読み、最初は必要量よりも少量から始めるようにしましょう。

子供のダイエットには運動?

子供のダイエットといえばやっぱり運動ですよね。

どんなに太った子でも、毎日元気で外で遊びまわれば自然とダイエットが出来るような気がします。

しかし最近の子はあまり外で遊ばずに家の中でゲームをする子が増えてきています。

それが子供を肥満にしているも言えると思います。

遊びながらダイエットになるような運動がおすすめ!

ただ、中には運動が苦手な子もいますよね。

そんな子にダイエットのために運動しなさいと言っても、逆効果です。

確かに最初は運動するかもしれませんが、すぐに嫌になってしまいリバウンドするなんて言うことも。

そうならない為には、決して運動だけでダイエットさせようとしないのがおすすめ!

運動するときも、ダイエットのためというよりも遊びながらダイエットになるような運動をさせるようにしましょう。

まとめ

子供の肥満というのはあまり気にしないという親も少なくありません。

でも、たとえ子供でも肥満が身体にいいという事は消してありません。

子供の頃に肥満であると、そのまま大人になり、重大な病気につながることも少なくありません。

さらに、肥満はいじめの対象になることも。

そうならないためにも、少しでも早く子供のダイエットを行うことをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ