子供が鼻づまりで眠れない場合の解消方法とは?

子供が鼻づまりで眠れない場合の解消方法にはどのようなものがあるでしょうか?

また、子供が鼻づまりで眠れないのが解消されない場合、病院は耳鼻科か小児科のどちらに連れていけばいいのでしょうか?

子供が鼻づまりで眠れない

子供が鼻が詰まって苦しそうにしていると、親もとても気になるものですよね。

特に気になるのが鼻が詰まって眠れないというとき。

たとえ寝ていたとしても、鼻が詰まってたびたび起きてしまい、苦しそうな姿を見ると、こちらも眠れなくなってしまいます。

今回は、子供の「鼻づまりの解消方法」「かかる病院」について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

子供が鼻づまりで眠れない場合はどうしたらいい?

子供の鼻が詰まって眠れない場合は、まずは鼻をかませてあげる必要がありますよね。

でも、子供の場合、なかなか上手に鼻がかめないときも多いですよね。

鼻づまり専用の吸い込む吸引機でとってあげる

鼻がうまくかめない場合には、子供の鼻づまり専用の吸い込む吸引機を使ってあげましょう。

こまめにとってあげると子供の鼻もすっきりします。

→最新の「鼻水吸引機」人気ランキングはこちら

鼻を温めてあげる

次に、子供の鼻腔が広がるように鼻を温めてあげるのも効果的です。

  • 蒸しタオルなどで鼻を温める
  • 温かいものを飲ませてあげる
  • 部屋を加湿してあげる
などするといいでしょう。

市販薬を飲ませてあげる

他にも、どうしても鼻づまりがなかなか収まらないときには、市販の鼻炎薬を飲ませてあげるのも一つの方法です。

シロップタイプのものなら小さな子でも飲みやすいのでお勧めですよ。

子供の鼻づまり解消方法とは?

子供の鼻づまりの解消方法で有効なのは、やはり鼻腔をすっきりとさせてあげることですよね。

その為には、まずは鼻水をしっかりと取ってあげることが必要です。

ヴィックスヴェポラップで鼻の通りを良くする方法!

市販で、子供の鼻詰まりをしづめるもので「ヴィックスヴェポラップ」というものがありますよね。

あのスースーとした香りを鼻から吸うと、不思議と鼻の通りが良くなるものですよね。

昔のテレビCMでは、胸に塗って、立ち上った香りを鼻で吸って鼻通りをよくするというものです。

しかし、塗る場所は鼻だけではないんです。

背中でもいいですし、なかなか効果が得られないときには直接鼻の下に薄く塗るのも効果があります。

もしも寝ていて直接子供に塗ってしまうと起きてしまいそうなときには、大人の手に塗って子供の鼻を覆うようにしてあげると、鼻づまりが取れますよ。

スポンサードリンク

子供の鼻づまりの病院は耳鼻科か小児科どっち?

子供が鼻づまりになったら病院は耳鼻科にかかったらいいのでしょうか?

それとも小児科に連れて行くのがいいのでしょうか?

もしも子供の鼻づまりがなかなか解消されない場合には、病院に連れていきますよね。

そんな時、どの病院に連れて行ったらいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか?

鼻であれば本来耳鼻科に連れていくものですが、通い慣れた小児科に連れていくのもいいような気がします。

では、子供の鼻づまりはどの病院に連れて行ったらいいのでしょうか?

耳鼻科に連れていくのがおすすめ!

子供の鼻づまりには、その時の症状や、かかりつけの病院によっても違ってくると思います。

もしも症状が鼻づまりだけというのであれば、耳鼻科に連れていくのが一番いいでしょう。

耳鼻科なら、鼻の吸引もしてくれるので、すっきりします。

鼻づまりだけでなく体調も悪いのであれば小児科へ

しかし、鼻づまりだけではなく、体調が悪い、もしくは小児科でも吸引をしてくれるところもあります。

その場合には、小児科に行った方が、鼻づまり以外の症状も見てくれますし、吸引をしてくれるなら鼻もすっきりします。

時には、耳鼻科で「小児科に行ってください」といわれたり、小児科で「耳鼻科で見てもらってください」といわれることもあると思います。

その際には、素直に従い、そちらの病院を受診するようにしましょう。

まとめ

子供の鼻づまりは、ちょっとしたものなら家庭でも対処することが出来ますし、市販薬で収まることもあります。

しかし、毎日のように鼻が詰まっていたり、寝ているときに苦しそうな症状がある場合には病院を受診するようにしましょう。

病院は、鼻づまりの症状などによって小児科や耳鼻科を選ぶようにしましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ