子供の鼻血がよく出る原因とは?毎日頻繁に出すのは病気?

子供の鼻血がよく出る原因にはどんな理由が考えられるでしょうか?

また子供が鼻血を毎日頻繁に出すのは白血病など何か病気が原因になっているのでしょうか。

子供の鼻血がよく出る原因

子供というのは、大人と比べると鼻血を出しやすいものですよね。

でも、あまりにも頻繁に鼻血を出していると「病気なのでは?」と心配になってしまう人も多いと思います。

しかし、子供というのは本来大人よりも鼻血が出やすいようになっているのです。

もちろん、もしかしたら病気が原因という事も考えられるので注意が必要です。

今回は、子供の鼻血の原因について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

子供の鼻血がよく出る原因とは?

子供というのは大人と比べて鼻血が出る頻度が高いですよね。

なぜ子供はあんなにも鼻血を出してしまうのでしょうか?

子供は鼻の中の粘膜が弱い

一番の原因は、子供はまだ大人のように粘膜がしっかりとしておらず弱いという事が挙げられます。

もちろん鼻の中の粘膜も弱いため、鼻をちょっといじっただけでも鼻血を出すことがあるのです。

子供は鼻をよくほじる

子供というのはなぜか鼻をいじりたがるものですよね。

鼻の中を

  • ほじくったり
  • かいたり
  • 注意されると面白がってわざとやったり
などなど。

その為、ちょっとしたことですぐに鼻血を出してしまうのです。

鼻血を出しやすい、そのほかの原因

子供の中にも、特に鼻血を出しやすい子がいますよね。

そういう子供の場合には、

  • 季節の変わり目
  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎
などで特に鼻の粘膜が敏感になっていて、鼻血を出してしまうことが多いのです。

中には、

  • 風邪などで熱を出した時
  • お風呂などでのぼせた時

に鼻血を出してしまう子もいますよね。

この場合、体が温まることによって身体の血管が広がりすぎて切れることによって鼻血になってしまうこともあるのです。

子供の中には、鼻をいじったりほじったりするのが癖になっている子がいますよね。

見た目もあまりよくないのでやめるように言ってもなかなかやめてくれません。

そういう子も、

  • 鼻の粘膜を傷つけて鼻血を出す
ということになってしまいます。

このように、子供というのは大人と違い、鼻血を出しやすいものなのです。

スポンサードリンク

子供が鼻血を毎日頻繁に出すのは病気?

子供の中には毎日のように鼻血を出してしまう子もいますよね。

あまり毎日鼻血を出してしまうと、いかに鼻血による出血量が少ないといっても心配になりますし、なにか重大な病気なのかと思ってしまう人も多いと思います。

確かに鼻血を頻繁に出すと、病気の心配もあります。

子供の鼻血と病気との関係

子供の鼻血で病気の可能性というのは、どちらかというと鼻血の出る状況に関係があります。

例えば、鼻をいじっていて鼻血が出てきた場合は粘膜を傷つけたことが原因であることが多いものです。

しかし、何もしていないのに「いきなり鼻血が出てくる」「一度鼻血が出たら止まらない」「鼻の奥から鼻血が出てくる」などの症状があった場合には、病気の可能性があります。

例えば、一度鼻血が出たら止まらないというのは

  • 高血圧
  • 動脈硬化
が原因で動脈が弱っていることが考えられます。

さらに、動脈硬化が弱ったことによる鼻血の場合、止まらないだけではなく流れ出るように出てきます。

次に、鼻血だけではなく身体の出血も止まりにくい場合、この場合は

  • 白血病
の可能性も考えられます。

もしも、鼻血の出方に異常を感じたら、まずは病院を受診するようにしましょう。

●関連記事
→「子供の鼻血が止まらない原因と止め方とは?」の記事へ

まとめ

子供というのは、もともと鼻血を出しやすいものなので、あまり深刻に考える必要がないことがほとんどです。

しかし、鼻血の出方や他にも身体に異常がある場合には、別の病気が原因で鼻血が出やすくなっている、もしくは止まりにくくなっている可能性があります。

その場合には、必ず病院を受診するようにしましょう。

子供の鼻血のほとんどは一時的なものですが、時には重大な病気のサインであることもあるので注意が必要ですよ。

もしも、お子さんが特に問題なく鼻血だけが出やすい体質だという場合には、いつでも止血できるように最低限のグッズ(ティッシュやガーゼなど)を持ち歩き、いつでも対処できるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ