子供の腹痛の原因はストレスや下痢や便秘が理由?

子供の腹痛の原因にはどんなことが考えられるでしょうか?

そして子供の腹痛の原因にはストレスや下痢や便秘がどう関係しているのかについても確認していきましょう。

子供の腹痛の原因とは

子供というのは、大人と違い、身体がまだ未熟で発熱や腹痛、頭痛などを起こすことが多いですよね。

そのため体調を崩すたびに、かかりつけの小児科に診せにいくというお母さんも多いと思います。

子供の体調不良の中で特に多いのが「腹痛」ではないでしょうか?

しかし、子供の場合「どのようにお腹が痛いのか」ということを、なかなか上手に大人に伝えられないこともあると思います。

今回は、子供の腹痛の原因をいくつか紹介していきたいと思います。

    目次

  • 子供の腹痛が「ストレス」に原因あるときどうしたらいい?
  • 子供の腹痛が「下痢」に原因あるときの対処とは?
  • 子供の腹痛が「便秘」に原因あるときの対処とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

子供の腹痛がストレスに原因あるときどうしたらいい?

子供の腹痛の原因がストレスの場合はどうしたらいいのでしょうか?

今は、大人だけではなく子供も常にいろいろなストレスにされされていますよね。

ストレスがたまると、いろいろな症状が現れますが、子供の場合、ストレスが原因で腹痛を起こす子も少なくありません。

では、ストレスが原因の腹痛の場合、どのような症状が現れるのでしょうか?

子供の腹痛がストレスのときの症状とは?

子供がストレスが原因で腹痛を起こす場合、保育園や幼稚園、学校などに行くのが嫌な時が多いものです。

しかし、もちろんストレスが原因での腹痛なので、小児科などにみせても原因はほとんどわかりません。

その為、親としては「仮病なのでは」と疑ってしまいます。

でも、じっさいにストレスが原因でお腹に異常はなくても腹痛を起こすことがあります。

決して仮病というわけではないので、そんな時にはとにかく温かく見守り痛みが回復するのを待ちましょう。

子供の腹痛が下痢に原因あるときの対処とは?

子供の腹痛の原因が下痢にある場合はどうしたらいいのでしょうか?

子供が腹痛を起こしたときに、合わせて下痢を起こしているという事がありますよね。

この場合には、子供の消化器官がまだ未熟なことが原因として挙げられます。

つまり、消化不良が原因で下痢を起こしてしまうことが考えられるのです。

子供の腹痛が下痢のときは様々な病気が関わっていることも!

しかし、下痢が原因で腹痛を起こす場合、様々な病気がかかわっていることがあります。

例えば、下痢・腹痛のほかに

  • 吐き気や嘔吐
  • 発熱
などがある場合には、虫垂炎が原因の場合があります。

他にも、

  • アデノウイルス感染症
で下痢を起こしていることもあります。

その為、下痢・腹痛のほかにも何か気になる症状が起きている場合には、まずは病院を受診することをおすすめします。

吸収不良症候群

他に考えられるのが、吸収不良症候群です。

吸収不良症候群は、ウイルス性の胃腸炎に続いて起こることもあり、乳製品が一時的に消化しにくくなることがるのです。

下痢が一時的に起きた後、さらに下痢が長く続く場合には、この吸収性不良症候群が原因の場合が多いようです。

スポンサードリンク

子供の腹痛が便秘に原因あるときの対処とは?

子供が腹痛、便秘を起こす原因は?

便秘というと、どちらかというと女性に多い症状ですよね。

慢性的に便秘に悩んでいる女性も少なくありません。

しかし、子供でも便秘を起こすことも少なくないのです。

ではなぜ子供が便秘を起こしてしまうのでしょうか?

子供の腸内環境を整えるよう食生活を見直す!

まず考えられるのが、子供は身体がまだ未成熟で、腸内環境がきちんと整っていないという事が考えられます。

この場合には、食生活を改善し、腸内環境が整うようにする必要があります。

ただ、腸内環境が原因で起こる便秘には、帝王切開で生まれた子の場合、腸内細菌が少ないのが原因ではと考えられています。

この場合も、食生活を見直して腸内環境を整える必要があります。

どうしても改善しない場合には、善玉菌を増やし悪玉菌の増殖を抑える必要があります。

その為には、

  • ヨーグルトなどで乳酸菌を摂る
  • オリゴ糖を定期的に摂る
ということが効果的です。

まとめ

子供の腹痛の原因には様々なものが考えられます。

その為、なぜお腹が痛いのか、大人がきちんと見極めてあげる必要があります。

どうしてもわからないという場合には、病院を受診して原因を調べてもらうという事も必要です。

子供の中には慢性的に腹痛を起こしてしまう子もいて、親としてはとてもつらいですよね。

そうならないためにも、きちんと腹痛の原因を克服してあげるようにすることが大切なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ