子供の発熱の対処法とは?食事や服装や布団はどうしたらいい?

子供が発熱したときの対処法にはどんな方法があるのでしょうか?

また子供が発熱したら

  • 食べさせる食事どんなものがいいか?
  • どんな服装をさせればいいか?
  • 厚手の布団がいいのか?
など、どうしたらいいのかについて確認していきましょう。

子供の発熱の対処法

子供というのは、まだ体が未成熟のためにすぐに体調を崩しますよね。

特に、一番多いのが発熱ではないでしょうか?

子供の発熱の原因にはいろいろありますが、ほとんどの場合にはすぐに熱が下がり回復してしまいます。

しかし、もちろん子供が発熱をしたら、親が正しい方法で対処してあげる必要があります。

親の中には昔から言われている方法を鵜呑みにして、今では逆効果の方法をそのまま行っているという人もいます。

今回は、子供が発熱した時の正しい対処方法をご説明いたします。

  • 子供が発熱した時の正しい対処方法とは?
  • 子供が発熱したとき食事は何を食べさせるのがおすすめ?
  • 子供が発熱したら服装はどうしたらいい?
  • 子供が発熱したら布団はどうしたらいい?
  • まとめ
スポンサードリンク

子供が発熱したときの対処法とは?

もしもお子さんが発熱してしまったら、どのような方法で対処していますか?

  • しっかりと休ませる
  • きちんと水分補給や栄養を摂らせてあげる
ということが大切ですよね。

他にも、

  • 発熱をしたときには熱の上がり始めは寒気を感じていることが多いのでしっかりと温めてあげる
  • 高熱になった時には脇など太い血管が通っている部分を中心に冷やして体温を下げてあげる
ということが必要になってきます。

子供に熱があっても元気そうであれば家で様子を見る

よく、子供が発熱をすると、たとえ本人が元気そうであってもとりあえず小児科などへ連れていく親御さんがいますよね。

しかし、熱があっても本人が元気そうで食欲があるのであれば、まずはお子さんの様子を見ながら家で静かに休ませてあげましょう。

病院というのは、いろいろな病気でかかっている子がいるので、逆に病気をうつされてしまうこともあります。

その為、もちろん高熱で本人もぐったりしていたり、熱が長く続くようであれば病院にみせる必要があります。

しかし子供の発熱の症状が軽いうちは、家で様子を見てあげるだけでも大丈夫です。

子供が発熱したとき食事は何を食べさせるのがおすすめ?

まずは、子供が発熱をしたら何を食べさせてあげるのがいいのでしょうか?

発熱におすすめの食べ物

おすすめなのは、炭水化物やたんぱく質など。

そしてビタミンやカロチンの多いものを選んで食べさせてあげるようにしましょう。

果物などもビタミンや水分が豊富に含まれていて、子供も大好きなため食べやすいと思いますのでおすすめです。

発熱に避けた方がいい食べ物

逆に脂っこいものは消化に悪く、胃腸に負担をかけてしまうのでなるべく避けた方がいいでしょう。

子供に食欲がない場合は?

発熱した子供の中には、食欲がないという場合がありますよね。

そんな時に無理に食べ物を食べさせてしまうと余計身体に負担をかけてしまいます。

食べられないうちは無理に食べさせず、とりあえず経口補水液など水分を摂らせてあげるようにしましょう。

そして、食べられるようになったら

  • ゼリー
  • ヨーグルト
など口にしやすいものから食べさせるといいでしょう。

スポンサードリンク

子供が発熱したら服装はどうしたらいい?

よく子供が熱を出したときには、厚着をさせて汗をたくさんかかせるのがいいという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際には汗をたくさんかくと

  • 体力を消耗する
  • 身体の水分をより多く体外に排出させる
  • 身体自体の体温もさらに上げてしまう
ということになり、良くありません。

もしも子供が発熱をした場合には、

薄手の服装をさせてあげ、汗をかいたらこまめに着換えをさせて清潔に保つようにしましょう。

ただ、子供が寒気などを感じている場合には、掛け物などをしてあげるといいですよ。

子供が発熱したら布団はどうしたらいい?

子供が発熱をしたら、洋服と同じように布団も厚手のものをかけてあげるというのは昔の考え方でした。

しかし、厚手の布団をかけてしまうと身体に熱がこもってしまい、かえってよくありません。

もしも子供が発熱をした場合、熱の上がり始めの時は寒気を感じていることが多いので、子供の話を聞いてしっかりと布団をかけてあげるのもいいでしょう。

しかし、熱が上がりきってしまうと、本人も暑がっていると思います。

そんな時には、ムリに厚手の布団を掛けずに、なるべく涼しくしてあげるのがおすすめです。

布団も、薄手のものを本人が暑がらない程度にかけてあげるのが良いのです。

まとめ

子供というのは、気温などの変化などですぐに発熱をしますよね。

親御さんの中には子供が熱を出すと慌ててすぐに病院に連れて行ったりする人もいます。

しかし、軽い発熱の場合であれば、家できちんと対処して静かにさせてあげれば特に問題はありません。

ただ、正しい方法で対処してあげることが大切です。

昔の対処方法の中には、今となっては間違っている方法だというものもあります。

その為、聞いた話をうのみにせずに、きちんと調べたうえで対処してあげることが大切です。

お子さんに快適な環境を作ってあげて少しでも早く熱をさげてあげることが出来るといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ