子供の虫歯の予防方法と虫歯の見分け方!白い虫歯は気づきにくい!

子供の虫歯の予防方法には歯磨きや食べ物や食べ方など、どのような予防方法がおすすめでしょうか?

また虫歯は黒いとわかりやすいですが、気づきにくい子供の白い乳歯の虫歯の見分け方はあるのでしょうか?

子供の虫歯予防

子供の歯というのは、特に乳歯の場合永久歯と違って柔らかく、虫歯になりやすいものですよね。

さらに、子供はまだ大人のようにきちんと歯を磨くことが出来ません。

その為、小さいうちから虫歯を作ってしまい、泣く泣く歯医者さん通いになるという子も多いですよね。

しかし、子供というのはみんなあの独特の「キーン」という音と痛みから歯医者さんが嫌いです。

親としても、出来れば子供の虫歯を予防して歯医者さんに行かせたくないもの。

今回は、子供の虫歯の予防方法、そして早期発見の方法をご説明していきます。

    目次

  • 子供の虫歯の予防におすすめの方法とは?
  • 子供の虫歯の見分け方とは?白い乳歯の虫歯が気づきにくい!
  • まとめ

【子供の歯を虫歯から守る人気のおいしい歯磨き粉】
▼   ▼   ▼
186

子供の虫歯の予防におすすめの方法とは?

子供の虫歯を予防するためには、まず虫歯にならないように日ごろから気を付けていなければいけませんよね。

その為に大切なのが、やはり歯磨きです。

子供の歯磨きの仕方!きちんと磨いて予防!

1日3回、食後にしっかりと磨くのはもちろん大切ですが、きちんと磨けているかも大切になってきます。

特に小さな子の場合、どんなに頑張っても隅から隅まできれいに磨くのは難しいもの。

そこで、子供が歯を磨いた後は、大人がきちんと「仕上げ磨き」をしてあげることが必要になってきます。

ただ、小さい子ならともかく、小学生ともなるとなかなか親に仕上げ磨きをしてもらうのが恥ずかしくなってきますよね。

でも、歯医者さんによると、出来れば小学校6年生まではきちんと仕上げ磨きをしてあげることが必要なんだそうですよ。

食べ物の食べ方に注意して子供の虫歯を予防!

子供の虫歯を予防に大切なのが、食べ物です。

子供は、

  • お菓子
  • 甘いジュース
が大好きですよね。

もちろん子供はどうしてもおなかが空いてしまうのでおやつを食べることも大切です。

子供のお菓子やおやつの食べさせ方のポイント!

子供にお菓子やおやつの食べさせ方にはコツがあるのです。

一度家に帰ると夕飯まで、だらだらとお菓子を食べ続けてはいませんか?

食べ物を食べ続けると、口の中が酸性になり続けて、中性に戻ることが出来ず、常に口の中が虫歯になりやすい環境になるのです。

その為、おやつは決まった時間だけ食べるという事も大切です。

甘い飲み物を子供に与えはじめる時期

最近見直されているのが甘い飲み物はいつから飲むかということ。

今販売されている乳児用のジュースはだいたい離乳相が始まるころから飲めるものがほとんどですよね。

自治体の検診でも昔はそのころまではジュースなどの甘いのもみのを与えないようにといわれた記憶がある人も多いと思います。

しかし、今ではそれが見直され、甘いジュースなどは

  • 少なくとも1歳
  • 出来れば3歳くらいまで
は避けた方がいいといわれているのです。

どうしても周りの子が飲んでいると与えがちですが、たとえあげるとしても常用せずに時々上げるくらいでなるべく控えた方がいいでしょう。

このように、虫歯を予防する方法は、歯磨きのほかに食べ物の時間や飲み物などいろいろなことが考えられることが分かったと思います。

ついつい子供を甘やかしてしまいがちですが、子供の虫歯を予防するために、親御さんもしっかりと管理してあげましょう!

【60日間の返金保証付き!すすぎ不要の歯磨き粉】
▼   ▼   ▼
190

子供の虫歯の見分け方とは?白い乳歯の虫歯が気づきにくい!

虫歯といえば、歯が黒くなっているというイメージがありますよね。

しかし、たとえ歯が黒くなっていなくても虫歯になっている可能性があるので注意が必要です。

では、子供の虫歯の見分け方にはどんな方法があるのでしょうか?

子供の白い虫歯の見分け方!

実は乳歯の虫歯というのは、黒ではなく「白」いことがほとんどなんだとか。

その為、たとえ子供が虫歯になっていても気づきにくいものなんです。

しかも白い虫歯は黒い虫歯よりも進行が速いので要注意です。

しかし、白い虫歯では見た目では判断が難しいですよね。

どうやって見分ければいいのでしょうか?

濁ったような白色の歯をチェックする!

実は子供の白い虫歯は真っ白というわけではありません。

子供の歯の色と比べると、ちょっと濁ったような感じの白色なのでよく見ると見分けはつくのです。

その為、子供の虫歯を見分けるためには仕上げ磨きなどの時にきちんと虫歯が出来ていないかチェックしてあげることが必要になってきます。

どうしても見分けがつかないというときには、定期的に歯科検診を受けることをお勧めします。

まとめ

子供には出来れば虫歯になってほしくないものですよね。

その為、日ごろから

  • 子供に歯磨きをしっかりさせる
  • 子供が口にするものに注意する
ということが必要です。

そして、子供が虫歯にならないように、定期的に歯科検診を受けるようにすることも虫歯予防の一つとなります。

子供の歯は特に乳歯の場合、虫歯になりやすいので、きちんと親が管理してあげましょう。

【メディアでも話題!新発想の子供用歯磨き粉】
▼   ▼   ▼
186

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ