子供の気管支炎の症状!咳は風邪とどう違う?食事のおすすめは?

子供の気管支炎の症状とはどんなものなのでしょうか。

そして子供の気管支炎による咳は風邪の症状とはどう違うのでしょうか?

また、子供が気管支炎になってしまったら食事や食べ物はどうしたらいいのかもみていきましょう。

子供の気管支炎の症状

子供というのはまだ体が未発達のため、すぐに体調を崩しやすいものですよね。

特に保育園や幼稚園など集団生活が始まると、身体が慣れるまでは風邪などにかかりやすいと言えます。

しかし、ただの風邪だと軽く見ていると、気管支炎になることもあるので注意が必要です。

今回は、子供の気管支炎の症状と、対策方法について紹介していきたいと思います。

    目次

  • 子供の気管支炎の症状とは?
  • 子供の気管支炎の咳は風邪による咳とはどう違うの?
  • 子供が気管支炎のときの食事や食べ物はどうしたらいい?
  • まとめ
スポンサードリンク

子供の気管支炎の症状とは?

子供の気管支炎の原因の多くは、風邪です。

風邪のウイルスが喉から気管に入り、気管が炎症を起こしてしまうことで発症します。

空気が気管支を通るときに音が出る

気管支炎の症状は、主に

  • 呼吸をするときに喉から「ヒューヒュー」と聞こえる
  • 「ゼイゼイ」というような苦しそうな音が聞こえる
というような特徴があります。

この理由は、気管支に炎症を起こすことで、空気が気管支を通るときこのような音が出るのです。

気管支炎の症状は音の出る呼吸だけではありません。

気管支炎は熱やのどの痛みや頭痛や食欲不振を伴う

基本的に気管支炎の場合、発熱を伴うものなのです。

さらに、気管支炎の場合たんが絡むので、咳も「ゴホゴホ」という苦しそうなものになります。

そして、気管支炎になるとのどの痛みや頭痛を伴うことも多いので、食欲不振に陥ることも少なくありません。

子供の気管支炎の咳は風邪と似ているので判断しにくい!

子供の気管支炎の場合、風邪のウイルスが原因で発症することが多く、症状も風邪に似ているので判断しにくいものですが、

  • 咳がひどく出る
  • 息をするたびに音が聞こえる
というときには気管支炎を疑いましょう。

スポンサードリンク

子供の気管支炎の咳は風邪による咳とはどう違うの?

子供の気管支炎の症状の特徴の一つとして、咳がたくさん出るという事です。

しかし、普通の咳であれば、風邪とあまり見分けがつきにくいと思います。

では、普通の風邪と気管支炎にかかった時の咳にはどのような違いがあるのでしょうか?

気管支炎の咳はたんが絡むことが多い!

普通の風邪の場合には、「コンコン」という乾いた感じの咳の音が聞こえますよね。

しかし、気管支炎の場合、のどにたんが絡むことが多いものです。

その為、咳も「コンコン」という乾いた音ではなく「ゴホゴホ」という濁った音のことが多いものです。

しかもその咳はなかなか止まりにくく、特に夜になると出やすくなり、眠れずに体力を消耗してしまう子供も少なくないのです。

つまり、乾いた咳の音ではなく、

  • たんの絡む濁った音
  • 一日中咳が止まらない状態
であれば、気管支炎の可能性が考えられるといえるのです。

子供が気管支炎のときの食事や食べ物はどうしたらいい?

子供が気管支炎にかかると、発熱や頭痛で体調を崩すだけではなく、のどに痛みを生じるため、食欲の低下も心配されます。

では、もしも子供が気管支炎になってしまったらどのような食事・食べ物を心がければいいのでしょうか?

おすすめなのは、気管支炎でも食べやすいもの、そして気管支炎の症状を抑えてくれる食べ物です。

はちみつ

例えばおすすめなのが、はちみつです。

はちみつはほんのり甘く、子供も大好きですよね。

はちみつには、炎症を抑える効果があり、栄養も多く含まれています。

ヨーグルトに混ぜてあげたりのどが痛いのであればはちみつをとかしたお湯やミルクを飲ませてあげるのもいいでしょう。

ただ、1歳未満のこの場合にはボツリヌス菌の影響が考えられるので与えないでください。

タンパク質

次にお勧めなのが、タンパク質です。

タンパク質には免疫力をつける効果があるので、おすすめです。

子供の好きな、

  • お魚
など、食べられるものからチャレンジしてみてください。

特に卵はとろみをつけたスープなどにすると飲みやすいですよ。

ただ、スープにするときには暑いままにすると気管支の炎症を悪化させてしまうので、しっかりと冷ましてから上げるようにしてください。

まとめ

子供の場合、普通の風邪からいつの間にか気管支炎にかかっていた!なんて言うことも少なくありません。

特に2歳未満の子供の場合、身体が未発達なだけでなく気管支もまだ細いので悪化しやすいと言えます。

もしも気管支炎かな?と思ったら、まずはかかりつけの小児科を受診することをお勧めします。

気管支炎も悪化すると大変なことになるので、症状が軽いうちからしっかりと治療するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ