子供のカルシウム不足の症状とは?取りすぎや過剰摂取も悪影響ある?

子供のカルシウム不足

子供のカルシウム不足の症状にはどのようなことがあるのでしょうか?

また逆に、カルシウムの取りすぎや過剰摂取は逆に悪影響が何かあるのでしょうか?

子供の間では成長に欠かせないカルシウムが不足しているといわれています。

カルシウムというのは、主に骨の元となるというイメージがありますが、実はそれだけではなく、子どもにとっては欠かせない栄養素の一つなのです。

では、もしも子供がカルシウム不足に陥るとどのような症状が起こるのでしょうか?

そして、逆にカルシウムを必要以上にとってしまった場合にはどのような症状が起こるのでしょうか?

スポンサードリンク

子供のカルシウム不足の症状とは?

子供がカルシウム不足で起こりうる症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

カルシウム不足は子供の成長の妨げの原因に!

子供がカルシウム不足になると、まず「成長の妨げになる」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

確かに、カルシウムというのは骨の元になっている栄養素でもあります。

その為、良く背が大きくなりたいのならカルシウムをたくさん摂るといわれたものです。

確かにカルシウム不足は子供の成長の妨げの原因となります。

しかし、実はそれだけではないのです。

カルシウムというのは、身体の成長だけではなく、様々な効果がある子供には必要不可欠な栄養素なのです。

カルシウムは子供の精神安定の役割がある!

カルシウムというのは精神安定剤のような役割を果たしてくれます。

その為、カルシウムが足りていない子供というのは情緒不安定になりがちなのです。

良く大人でもイライラしていると「カルシウムが足りてないのでは?」といわれますよね。

これは子どもでも同じことが言えるのです。

子供のカルシウム不足はアレルギー性疾患の原因に!

子供のカルシウム不足で次に考えられるのがアレルギー性疾患です。

実はカルシウムというのは細菌やウイルスが侵入してきたときに、細胞にその情報を伝える役割をはたしています。

しかし、カルシウムが不足するとその情報伝達が出来ず、些細な細菌やウイルスにも過剰反応してしまうことになるのです。

結果、アレルギー症状を起こしやすくなることになるのです。

カルシウム不足は子供の歯やあごや骨の質の低下の原因に!

カルシウム不足によって子供の歯・あご・骨の質の低下が考えられます。

先程もお話しした通り、カルシウムというのは骨の元になっているものですよね。

その為、カルシウムが不足してしまうと、骨がもろくなるだけではなく、歯やあごの発達に悪影響を与えてしまうのです。

結果、

  • 食べ物を食べていても疲れやすくなる
  • 歯を食いしばることで力を入れにくくなり、結果運動能力の低下につながる
ということも考えられるのです。

このように、子供のカルシウム不足は静聴に様々な悪影響を与えるのです。

スポンサードリンク

カルシウムの取りすぎや過剰摂取は子供に悪影響がある?

カルシウムを取りすぎたり過剰摂取すると、子どもにはどんな影響が起こるのでしょうか?

次に、カルシウムを過剰摂取することによる子供への影響についてご説明します。

カルシウムは子供の成長に欠かせない栄養素なので、多くとる分には問題ないと思っていませんか?

しかし、カルシウムを過剰に摂りすぎることによって身体に悪影響を与えてしまうこともあるのです。

では、どのような影響があるのでしょうか?

カルシウムの上限摂取量は、成人の場合は一日2300mgと定められていますが、子供の場合は特に定められていません。

それは、子供の多くがカルシウム不足だからなんです。

それでも、子供がカルシウムを過剰摂取すると様々な弊害がおきます。

カルシウムを摂りすぎると身長を伸ばす妨げになる可能性がある

カルシウムを摂りすぎると身長を伸ばす妨げになる可能性があるのです。

その理由は、カルシウムを過剰摂取すると、カルシウム以外で身長を伸ばすのに重要な栄養素である

  • マグネシウム
  • 亜鉛
の吸収を妨げてしまうからなんです。

カルシウムを過剰摂取で濃度が高くなることによる症状

カルシウムを過剰摂取すると、体調に変化が出てしまう可能性があります。

カルシウムを過剰摂取で血中のカルシウム濃度が高くなることにより、

  • 体がだるくなる
  • 吐き気を感じる
ということもあるので注意しましょう。

まとめ

子供にとってカルシウムは成長するために大切な栄養素です。

不足すれば骨への影響だけでなく、精神的な影響もあります。

そして実は逆にカルシウムを過剰摂取しても、成長を妨げる原因となってしまうのです。

とは言っても、今の子供はほとんどがカルシウム不足。

しっかりと成長してほしいと思うのであれば、毎日意識してカルシウムを摂れる食事を心がけましょう。

そして、どうしても食事だけでは不足してしまう場合には、サプリメントやタブレットなどを活用するのも一つの方法です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ