子供にカルシウムサプリメントは必要?不足するとどうなる?

子供用カルシウムサプリメント

子供カルシウム不足が心配でサプリメントで補なおうと思うけどどれがいいのか?迷うママも多いのではないでしょうか。

子供に必要な栄養素というとまず何を思い浮かべますか?と聞くと、ほとんどの人が「カルシウム」と答えると思います。

骨や血の素となるカルシウム、よく小さいころカルシウムを摂るためにお母さんから「牛乳を飲みなさい」などといわれた人も少なくないのでは?

  • カルシウム摂取が不足するとどうなるのか?
  • 一日のカルシウムの必要な摂取量はどれくらいか?
  • 子供のカルシウム不足をサプリメントで補なう場合におすすめのキッズサプリは何か?

など、ここでは子供の成長とカルシウムについて確認してみましょう。

スポンサードリンク

子供用のカルシウムサプリメント

知っている人も多いと思いますが、今日本人は1日に必要なカルシウムをしっかりと取れていません。

それは子供も同じで、幼児の摂取量は1日600mg必要なものに対して412mgしか取れていないといわれています。

そこで食事で不足しているカルシウムを摂取するために利用している人が増えているのがサプリメント。

日本人は本当にサプリメントを利用する人が多く、今では80%ほどの人が今までに何らかのサプリメントを利用したことがあるといわれています。

子供でも、幼児の15%が何らかのサプリメントを活用しているといわれ、子供向けのサプリメントというものもたくさん出ています。

カルシウムのサプリメントも子供の成長を助けるために利用してさせているママが多いのです。

おすすめの子供用カルシウムサプリメント!

⇒子供の栄養不足を補うために、カルシウム・野菜・鉄・DHAを配合した人気のキッズサプリメントはこちら

もちろん毎日の食事の中で必要なカルシウムが摂れているのであればサプリメントで補うことはしなくていいのですが、どうしても摂ることができない場合にはサプリメントを利用するというようにした方がよさそうです。

それに平均的に見るとカルシウムも深刻な栄養失調というわけではないので、そう神経質になる必要もなさそうです。

子供のカルシウム摂取が不足するとどうなるの?

子供の成長に欠かせないカルシウム。

スポンサードリンク

摂取することで子供の成長を助けるカルシウムですが、もしもカルシウムが不足してしまった場合どのようなことになるのか実はよくわかっていないという人も少なくないのではないでしょうか?

カルシウムが不足するとまず思いつく症状といえばやはり成長の妨げになってしまうということ。

カルシウム不足は子供の骨の成長に影響

子供の成長の中で大切なものの一つが骨の成長です。

もちろん骨の成長にはカルシウムが必要不可欠ということはよく知っていますよね。

その為、必要摂取量を大きく下回ってしまうと、最悪の場合成長途中でも身長の伸びが止まってしまうということもありうるのです。

カルシウム不足は子供の精神に影響

そしてもう一つの重要な症状がイライラ感です。

よく大人でも常にイライラしている人に「カルシウムが足りていないのでは」と思いますよね。

もちろん大人でもカルシウムの不足がイライラにつながるのであれば子供でも同じこと。

特に子供の場合には、精神コントロールがまだ未熟のため、大人よりも顕著に表れることが多いのです。

自分のお子さんがイライラばかりしているときにはカルシウム不足を心配してみてください。

子供に一日のカルシウムの必要な摂取量は?

カルシウムが不足しているといわれている今の日本の食生活ですが、では1日にどのくらいのカルシウムをとればいいのでしょうか。

成人一人当たりが1日に必要なカルシウムの目標量は600~800mg、そして成長期の子供にはそれよりも多い700~1000mgといわれています。

カルシウムの多く含まれている食品というと、まずは牛乳や乳製品などを思い浮かべますよね。

  • 牛乳ならコップ1杯200gで220mg
  • ヨーグルトには1パック100gに120mg

のカルシウムが含まれています。

この大量なカルシウムを子供が1日3食の食事の中でとるのはさすがに難しいと思います。

その為、食事だけではなくおやつなどにも上手にカルシウムの含まれた食品を取り入れることが大切です。

そしてどうしても不足するようであればサプリメントなどを利用するなどして補うことも考えてもよいでしょう。

⇒子供の栄養不足を補うために、カルシウム・野菜・鉄・DHAを配合した人気のキッズサプリメントはこちらです

まとめ

子供の成長に欠かせないカルシウム。

普段から日本人はカルシウムの摂取が必要量よりも少ないといわれています。

しかし、特に子供にはカルシウムが不足することで成長以外にもいろいろな弊害が起こる場合があります。

その為、特に注意していろいろな食品の中からカルシウムを摂取させてあげることが必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ