産後うつの原因とは!症状はいつまで続く?対策方法はある?

産後うつ原因

産後うつ原因というものを知っていますか?

産後うつというのは文字通り女性が出産後、うつ状態に陥ってしまうことです。

出産という喜ばしい時期、育児や家事で忙しいときにうつ状態になってしまうのはとてもつらいものですよね!

場合によっては家事や育児が手につかずにつらい状況に陥ってしまうこともあります。

  • では、そんな産後うつの原因はどのようなものなので、いつまで続くのでしょうか?
  • そして産後うつにならないためには、産後うつになってしまったらどのような対策をすればいいのでしょうか?
スポンサードリンク

産後うつの原因とは?

産後うつの原因はいくつか考えられます。

女性ホルモン

まず考えられるのが女性ホルモンの影響です。

産後の女性はホルモンバランスが乱れて情緒不安定になりこれが産後うつの原因と考えられます。

環境

次に環境です。

出産後はしばらく赤ちゃんとほとんど2人きりの状況になります。

かわいい赤ちゃんでも、最初は赤ちゃんからの反応がないだけではなく、2時間ごとのミルクやおむつ替えなど、常に赤ちゃんにかかりきりで睡眠不足なども重なって産後うつになってしまうことも考えられます。

ストレス

そして、出産後の育児のストレスも産後うつの原因となります。

特に初めての育児は思い通りにいかず、いろいろと悩みを抱え込んでしまうママも少なくありません。

完璧主義のママはうまく育児ができないことで自分を責め、産後うつとなってしまうことがあるのです。

このように、産後うつというのはいろいろな要因がきっかけ、もしくは重なることで起こってしまうものなのです。

産後うつはいつまで続くの?

産後うつは、長く続いてしまうのも特徴の一つです。

スポンサードリンク

産後うつは早い人ではだいたい4週間目くらいから始まり、長い人では1年~2年くらい続いてしまう人も少なくありません。

生まれたばかりの赤ちゃんの育児というのは、赤ちゃん自身の抵抗力もまだ弱く、赤ちゃんと2人きりの状態が続くだけではなく最初は外に出ることもままなりません。

さらに、どうしても自分自身の自由の時間も奪われてしまい、外に出ることが少ないのでなかなか相談することもできず、悩みなどを自分自身に抱え込んでしまうことで産後うつとなってしまうのです。

その為、人によっては外に出ることによって気分転換となり産後うつも解消していくという人も少なくありません。

産後うつを早く脱するためには家に閉じこもらず、赤ちゃんがある程度の月齢になったら積極的に外に出るようにすることも対策の一つですよ。

産後うつの対策方法とは?

産後うつの原因は、、悩みがあっても相談ができずに自分自身で抱え込んでしまったり、話す相手がいなく、ストレスを発散することができないということも原因として考えられます。

育児を自分一人で抱え込まない!

その為、まずは育児を自分一人で抱え込まずに誰かに相談したり、時には頼ったりすることも大切です。

大概の人は昼間旦那さんは外に仕事に出ていると思いますが、帰ってきたとき、たとえ手伝ってもらえなくても話を聞いてもらうだけでも違いますよ。

外出をして気分転換する!

さらに、休みなどは一時的にでも赤ちゃんを旦那さんや身近の両親などに預けて外出などをするのも方法です。

子育てサロンなどを利用し、同じく子育てをしているママ友を作って相談をするというのも方法の一つです。

とにかく、自分一人で抱え込まずに周りに頼ったり相談したりすることが産後うつの対策方法の一つですよ。

まとめ

産後うつの原因の多くは、慣れない育児を完璧に、そして一人で抱え込むことによって悩み起こりうるものです。

場合によっては産後うつは1~2年もの長きにわたって続いてしまうこともあります。

その為、産後うつになってしまったら、そして産後うつにならないためには一人で抱え込まないことです。

周りの人に頼ったり、相談できる相手を見つけたりすることでストレスを解消し、産後うつに陥らないように努力することも大切です。

育児は完璧でなくても大丈夫です。

ある程度力を抜いて子育てを楽しんでいきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ