子供の脱毛症の原因とは?治療する病院は皮膚科でいいの?

子供の脱毛症の原因にはストレスなど何が考えられるのでしょうか?

また子供の脱毛症の治療にはどんな方法があるのか、病院は皮膚科でいいのかなどについてもみていきましょう。

子供の脱毛症の原因とは

子供の脱毛症って知っていますか?

脱毛症ってどちらかというとストレスを抱える大人に多いというイメージがありますよね。

でも今はストレス社会。

子供だって脱毛症になることがあるんです。

現に、今脱毛症で悩んでいる人の実に5分の1は15歳未満の子供なのです。

子供が脱毛症になってしまったら心配ですよね。

今回は、子供の脱毛症の原因や治療方法などについて見ていきたいと思います。

    目次

  • 子供の脱毛症の原因とは?
  • 子供の脱毛症の治療方法とは?
  • 子供の脱毛症でかかる病院は皮膚科でいいの?
  • まとめ
スポンサードリンク

子供の脱毛症の原因とは?

大人が脱毛症になると、考えられる原因は「ストレス」や「偏った食生活」などですよね。

では、子供脱毛症の場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

子供の脱毛症もストレスが原因に!

実は子供の場合の脱毛症でも一番考えられるのが「ストレス」なんです。

確かに、今子供の間でもストレスを抱えている子が多いですよね。

そんなストレスが深刻になってくると、脱毛症という症状として現れてきてしまうのです。

子供の脱毛症は病気やウイルスが原因に!

次に考えらるのが、病気やウイルス。

甲状腺の病気などが原因で脱毛することがあるんです。

この場合は、皮膚科を受診することがおすすめです。

中には医者に通わなくても自然と治ってしまうこともありますが、何度も繰り返す子もいるので、一度皮膚科に相談するといいでしょう。

子供の脱毛症は自己免疫疾患が原因に!

自己免疫疾患による子供の脱毛も考えられます。

いまいちピンとこない人もいるかもしれませんが、自身を守るために必要以上にリンパ球が反応してしまい、それが毛根に反応してしまい、毛が抜けてしまうことがあるのです。

子供の脱毛の原因はその子によって様々。

まずは、原因を知り、きちんと改善していくことが大切です。

スポンサードリンク

子供の脱毛症の治療方法とは?

子供が脱毛症になってしまった場合、やはりまず最初に思い付く原因はストレスではないでしょうか?

子供の悩みを聞いてあげる!

ストレスが原因の場合、子供の悩みなどを聞いて上げ、ストレス改善に努めることも大切です。

もしも親だけでは難しい場合には、精神科などを訪れるなどすることも一つの方法です。

病院で診てもらう!

しかし、子供の脱毛症はストレスばかりが原因とは考えられません。

その場合には、まずは皮膚科に言ってみてもらうのが一番いいかと思います。

この場合の治療法は、脱毛の量や面積が比較的少ない場合には、免疫機能を抑制するためのステロイドの塗り薬や縁かカルプロニウムなどを処方されることが多いようです。

他にも、育毛剤の成分として用いられているミノキシジルや、内服薬である抗アレルギー剤・セファラチン・グリチンなどを処方されます。

子供の脱毛症の病院は皮膚科でいい?

子供がもし脱毛症になってしまったら、どの病院にかかればいいのかわからないと悩んでしまう方も多いと思います。

確かに、脱毛症自体は頭皮が関係しているので皮膚科にかかるのがいいと思いますよね。

しかし、もしも脱毛症の原因がストレスなどの心の病気の場合はどうでしょうか?

子供の脱毛症の病院は皮膚科でOK!

子供の脱毛症の病院は皮膚科に行けば、症状に合った薬を処方してくれます。

しかし子供の脱毛の原因が心にある場合、いくら薬でケアをしても改善することは難しいと思います。

ただ、ストレスが原因だとわかっていても、最初から精神科や心療内科などに行くのはあまりお勧めできません。

まずは、皮膚科を受診し、それで原因が心身的なものであるという場合には、改めて

  • 精神科
  • 心療内科
などを受診することをお勧めします。

まとめ

子供が脱毛症になるという事は、大人以上に子供はショックを受けることが多いものです。

その為、もしも子供が脱毛症になったら、まずは親が心身的サポートをしてあげることが大切です。

もちろん、きちんと皮膚科などで治療をすることも大切ですが、それ以上に子供の心のケアも大切だという事を忘れないでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ