妊娠中に乳首の色が黒ずむ黒くなる理由や大きくなる原因は?

妊娠中に乳首の色が黒ずむ理由や黒くなる原因にはどんなことが考えられるでしょうか。

また、黒ずみのほか妊娠中に乳首や乳輪が大きくなる理由は何が考えられるのか確認してみましょう。

妊娠中に乳首の色が黒ずむ

妊娠すると、何もしていないのに乳首の色が黒ずむ、黒くなったり、乳首自体が大きくなるという事があります。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

妊娠中に乳首の色が黒ずむ、黒くなる、乳首が大きくなる理由についてご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠で乳首の色が黒ずむ黒くなる理由とは?

妊娠すると、気が付いたら乳首の色が黒ずんでしまっていたなんて言うことがありますよね。

いくら妊娠中とはいえ、乳首の黒ずみというのはとても気になるもの。

ではなぜ黒ずんでしまうのでしょうか?

妊娠で女性ホルモンのバランスが大きく変化するのが原因に!

妊娠で乳首の色が黒ずむ原因には、妊娠によって変化する女性ホルモンのバランスが大きく関係していると考えられています。

妊娠が20週目にも入ると、安定期といわれていますよね。

実はこの頃に女性ホルモンは大きな変化を起こしているのです。

それは、女性ホルモンの中のエストロゲンというものとプロゲステロンの2種類が急激に増えているのです。

これが原因で、メラニンを作るメラノサイトが刺激を受け、メラニンを普段よりも多く生成することなるのです。

その為、妊娠中の女性は、

  • シミ
  • そばかす
が増えやすくなるのです。

そして、それだけではなく、メラニンの数が多い乳首は、特に黒ずんでしまうという事になってしまうのです。

赤ちゃんの為に乳首が黒くなる!

妊娠中に乳首の色が黒ずむ理由としてもう一つ言われているのが、赤ちゃんの為に乳首が黒くなるという話。

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、まだよく目が見えませんよね。

そこで、そんな赤ちゃんでも乳首を見つけやすいように黒ずむという話もあるのです。

どちらにしても、出産をして落ち着けば女性ホルモンも安定するので自然と黒ずみも薄くなっていきます。

ただ、出産をすると、赤ちゃんへの授乳が始まりますよね。

授乳が始まると、当たり前ですが乳首は刺激を受けることになります。

メラニンというのはお肌を刺激から守るために増えるものなのです。

その為、授乳が終わるまでは乳首の黒ずみが元に戻らないという人も少なくないのです。

スポンサードリンク

妊娠中に乳首が大きくなる理由とは?

妊娠中の乳首への変化は、黒ずみだけではありません。

人によっては通常よりも乳首の大きさが大きくなるという変化がある人もいます。

では、なぜ妊娠中に乳首が大きくなるのでしょうか?

乳首に母乳がたまって大きくなる!

妊娠中に乳首が大きくなる理由は、妊娠が進むとともに母乳がおっぱいにたまってくるからといわれています。

大きくなるというよりも、母乳がたまって元々の乳首から広がってくるという感じです。

こちらも乳首の黒ずみと同じように、出産・そして赤ちゃんへの授乳が終われば自然と元の大きさに戻っていきますので心配しないでくださいね。

まとめ

妊娠すると、母体には様々な変化が訪れます。

その変化の一つが乳首の変化です。

乳首が黒ずんでくるのも、大きくなるのもどちらも出産に備えたものなのです。

ただ、妊娠した人すべてが乳首が黒ずんでしまったり、乳首が大きくなるわけではありません。

それには個人差があるのです。

そして、一番気になるのは変化が起きた後ですよね。

乳首が大きくなるのはまだしも、乳首が黒ずんでしまい、出産後・授乳が終わった後もそのままなのはちょっと嫌ですよね。

しかしほとんどの人は出産後・授乳後には乳首の黒ずみも大きさも次第に元に戻ってきます。

しかし黒ずみが戻らない・気になるという人は、乳首の黒ずみを改善する専用のクリームを利用してみるのも方法の一つです。

ホワイトラグジュアリー

⇒妊娠による乳首の黒ずみを改善するクリームはこちら。

ちなみに乳首の変化は、他にもいろいろあります。

例えば、

  • 乳首が痛くなる
  • 乳首がかゆくなる
ということもあります。

しかしこれらの症状も乳首が黒くなったり大きくなったりするのと同じで出産後には落ち着いてきます。

ただ、どうしても気になる、我慢が出来ないという場合には産婦人科に相談するのも1つの方法ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ