産後の骨盤ベルトのつける位置は?寝るときや正しい付け方は?

産後に妊娠や出産で崩れた体型を元に戻したいと考えるママは多いですが実際に体重は元に戻っても体形が元に戻らないというママは少なくありません。

その理由の多くは骨盤の位置。

産後の骨盤ベルト

骨盤は妊娠・出産で開きますが通常は出産を終えると徐々に元に戻りますが骨盤が開ききってしまったり、骨盤がゆがんでいると元に戻ることができなくなってしまいます。

骨盤の位置を元に戻すのに便利なのが産後骨盤ベルトです。

骨盤ベルトは産後すぐに使用することができ、使用することで骨盤を元の位置に戻すことができます。

ただ、せっかくの骨盤ベルト、意外と間違った使い方をしてしまっている人が少なくありません!

  • 骨盤ベルトをつける位置は?
  • 寝るときはどうしたらいいか?
  • 正しい付け方は?

など骨盤ベルトはどのように使うといいのでしょうか?

スポンサードリンク

産後の骨盤ベルトをつける位置は?

骨盤ベルトを使用する際、意外と間違っているのが骨盤ベルトを巻く位置。

ポイントになる骨は、

  • 骨盤の骨「恥骨」
  • 太ももの「大転子」

です。

確認の方法は、恥骨の上に両手を置いてそのまま体側へ移動させ、脚を前後に動かすと手のひらに当たる丸い骨が大転子です。

骨盤ベルトはこの恥骨と大転子のラインに沿って装着します。

見た目はちょうど腰の一番広がっている部分に装着するような感じです。

骨盤は腰とは違うので、どうしても上につけがちですが、きちんと正しい位置を確認してつけるようにしましょう。



⇒「骨盤ウォーカーベルト」の公式サイトへ

産後の骨盤ベルトは寝るときはどうしたらいい?

骨盤ベルトの使い方で気になるのが、寝ているときも使っていた方がいいのかというこではないでしょうか?

骨盤ベルトは、できれば24時間つけていた方が良いようですね!

ただ、できればというのにはいろいろと理由があります。

骨盤ベルトの種類を確認!

例えば、骨盤ベルトによっては

  • 24時間、寝ている間も使えるもの
  • 寝ている間は避けた方がよいもの

があります。

スポンサードリンク

まずは商品によって寝ている間も使えるものと使えないものがあるということを覚えておいてください。

骨盤ベルトは就寝中に位置をなおせない!

そしてもう一つが、寝ている間は骨盤ベルトがゆがんでも治すことが難しいということ。

骨盤ベルトは骨盤の位置を正しい場所に直すことが目的ですよね。

寝ているうちにベルトがずれて、正しくない場所に固定されてしまうと意味がありません。

その為、寝ている間もずれずに骨盤を支えることができないものなら、逆に使わない方がよいといえます。

さらに、骨盤ベルトを使い続けると、産後鍛えなくてはいけない筋肉がなかなかつかなくなってしまいます。

骨盤ベルトを使っているときは合わせて産褥体操などで筋肉を鍛えたり、2か月を目安に使用をやめるようにするといいですよ。

産後の骨盤ベルトのつけ方は?

意外と大変なのが骨盤ベルトのつけ方。

間違っているとせっかくの骨盤ベルトも効果がないので最初のうちにしっかりとつけ方をマスターしたいですね。

骨盤ベルトの正しい付け方!

骨盤ベルトの正しいつけ方は、

  1. 骨盤にまくのではなく、まずベルトを輪っかにして足に通します。
  2. そして上向きにひざを立てて横になりお尻を持ち上げて骨盤ベルトを正しい位置である「恥骨」「大転子」ラインにもっていきます。
  3. ひざを立てることで広がった骨盤に落ち込んだ内臓を引き上げることができますよ。
  4. そうしたら最後にベルトを締めてマジックテープで止めます。

ベルトの強さはぎゅうぎゅうにするのではなく、横になりひざを立てた状態でベルトの下に手を入れた時手のひら一枚入るぐらいにするのがポイントですよ。



⇒「骨盤ウォーカーベルト」の公式サイトへ

まとめ

骨盤ベルトは骨盤を矯正するものなので、腰ではなく骨盤にまきます。

つけるポイントは恥骨と大転子のラインにまくこと。

横になってひざを立てた状態でつけると内臓が骨盤の上に収まりより良い状態で巻くことができますよ。

寝ている間も骨盤ベルトを使いたいところですが、きちんと骨盤を締め付けることができないときは寝ている間は使用をやめた方がいいでしょう。

骨盤ベルト、正しく使って妊娠前のきれいなボディに戻れるように頑張りましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ