子供の歯ぎしりの原因と治し方とは?歯がすり減るのは本当?

子供の歯ぎしりの原因には何が考えられるのでしょうか?

子供が歯ぎしりを繰り返すと歯がすり減るというのは本当なのか、

そして子供の歯ぎしりの治し方にはどのような方法があるのかについて確認していきましょう。

子供の歯ぎしりの原因とは

夜、ふと変な音が聞こえると思って子供を見てみると、子供が歯ぎしりをしていて驚いたという経験ってありませんか?

子供が歯ぎしりをしていると、何か重大な原因があるのではないかと不安に思った人も多いと思います。

今回は、子供の気になる歯ぎしりの原因は何なのか、そして子供の歯ぎしりに対する疑問についても説明をしていきたいと思います。

    目次

  • 子供の歯ぎしりの原因とは?
  • 子供が歯ぎしりを繰り返すと歯がすり減るの?
  • 子供の歯ぎしりの治し方とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

子供の歯ぎしりの原因とは?

子供の歯ぎしりを聞くと、変な癖が出来てしまった、何か病気なのではないかと不安になる人も多いと思います。

しかし、子供の歯ぎしりというのは一時的なものが多いのでほとんどの場合は心配いりません。

噛み合わせが歯ぎしりの原因に!

子供の歯が生えそろうこの場合には、噛み合わせの違和感から無意識に歯ぎしりをしてしまっていることが多いもの。

さらに、幼稚園・保育園性の場合、ちょうど永久歯への生え変わりの時期であり、かみ合わせを調整しようと歯ぎしりをしていることが多いのです。

歯ぎしりの原因がストレスの場合には注意!

子供によってはストレスが歯ぎしりにつながっていることもあるので注意が必要です。

小さな子の場合、あまりストレスを感じていないように思いがちですが、子供は子供なりにいろいろな悩みやストレスを抱えているものなのです。

それが無意識のうちに歯ぎしりにつながっているという事もあるのです。

子供の歯ぎしりは歯がすり減るというのは本当?

歯ぎしりというのは、歯をすり合わせたり、カチカチと音を立てていることがありますよね。

あまりにも歯ぎしりが多いと、歯がすり減ってしまうのではと不安になる大人も多いと思います。

歯というのは、確かに骨の一部であり固いものですよね。

とは言っても、子供の乳歯は永久歯よりも柔らかいもの。

では、子供の歯ぎしりで歯がすり減ってしまうのでしょうか?

子供の乳歯は柔らかいので歯がすり減りやすい!

実は、子供にかかわらず歯ぎしりを繰り返すことで歯がすり減るという事は多いのです。

ふと歯のかみ合わせがちょっと違和感があると思って歯医者さんに言ったら、歯ぎしりが原因で歯がすり減っていたという事が少なくないようです。

特に子供の乳歯は柔らかいのですり減りやすいものです。

しかし、一時的なものですし、顎が柔軟なため深刻な問題になることはほとんどありません。

とはいえ、歯ぎしりが原因ではがすり減るのは気になりますよね。

歯がすり減るのが気になる時には一度歯医者さんを受診してみましょう。

どうしても歯のすり減りが深刻な場合には、歯の矯正に使うマウスピースで対策することが出来ます。

スポンサードリンク

子供の歯ぎしりの治し方とは?

子供の歯ぎしりの原因のほとんどは歯並びや、歯の生え変わりによる歯の矯正のために行われているもので、特に問題はなく、一時的なものです。

しかし、

  • 歯が全て永久歯になっても歯ぎしりが治らない
  • 歯がすり減るほど歯ぎしりをする
というようであれば問題ですよね。

その場合には、歯ぎしりを治す必要が出てきます。

では、歯ぎしりを治すためにはどんな方法があるのでしょうか?

歯の矯正に使われる「マウスピース」を使う方法

まず歯医者さんなどで進められるのが、歯の矯正に使われる「マウスピース」です。

これは歯の矯正のほかに歯ぎしり予防にも効果が期待できます。

値段はだいたい5000円程度です。

食べ物をしっかり噛んで食べる

他にも、食べ物をしっかり噛んで食べるという事も歯ぎしりを予防する効果が期待できます。

もしも歯ぎしりの原因がストレスの場合には、まずはストレスの原因を知り、改善していくことが必要になってきます。

どちらにしても、まずすぐに歯ぎしりをやめるためには、マウスピースを使用することをお勧めします。

まとめ

子供の歯ぎしりというのはとても気になるものですよね。

まず気になるのは音、そして歯がすり減らないかどうかです。

しかし、子供の歯ぎしりというのはほとんどが一時的なもので、しかもその原因は歯並びや矯正など歯を正常に成長させるためのものなのです。

その為、ほとんどの子供の歯ぎしりは心配はいりません。

しかし、歯がすり減ったり、いつまでたっても治らない場合には歯医者さんを受診してきちんと改善していくことをお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ