小学生の子供になんで勉強しないといけないの?どうして?と聞かれた時の答え方

小学生の子供になんで勉強しないといけないの?どうして勉強しないと聞かれたらどのように答えたらいいのでしょうか。

小学生の子供に聞かれた時に納得してもらうための、おすすめの答え方について見ていきましょう。

子供はなんで勉強しないといけないの

子供が大きくなり小学校に入学すると、必ず一度は「どうして勉強しないといけないの?」と聞かれることになるのではないでしょうか?

確かに子供にとって毎日学校に行って様々なことを学ぶのは良いことではありますがとても大変でもあります。

そこでふと子供からこの質問をされると、とっさに答えることができないという親も少なくないと思います。

そこで子どもから「どうして勉強しないといけないの?」と聞かれたとき、こんな答えなら子供も納得してくれるのではというものをいくつかご紹介します。

    目次

  • 国語や算数を勉強する意味や理由とは?
  • 英語を勉強する理由や意味とは?
  • 大人になったとき勉強したことが役に立つ!
  • 将来の夢を叶えやすくなる!
  • まとめ
スポンサードリンク

子供が国語や算数を勉強する意味や理由とは?

子供が国語や算数を勉強する意味や理由はどう説明するといいのでしょうか?

小学生の子供にとって

  • 国語を勉強すると漢字が読めるようになる
  • 算数の勉強をするとお買い物の計算ができるようになる
というメリットがあります。

小学校の低学年で学ぶことの多くは、日常生活の中で使えるものばかりですよね。

  • 国語なら、漢字の他にも文章を読むことで相手の気持ちをわかるようになる
  • 算数なら計算の他にも形の名前やものの大きさや量を知ることができる
という理由もあります。

つまり、勉強をすることで普段の生活でとても役に立つということを教えてあげるのが一番いいかと思います。

子どもが英語を勉強する理由や意味とは?

子どもが英語を勉強する理由や意味にはどのようなことがあるのでしょうか?

子供が英語を勉強することで、

  • ほかの国のたくさんの人とコミュニケーションをとることができる
  • 視野を広げることができる
というメリットがあります。

今では小学生のうちからしっかりと英語の勉強をするようになりました。

将来いろいろな国に行ってみたいと考えている子なら、英語がとても大切な勉強だということはわかります。

でも、中には「私は海外に行きたくないから英語が話せなくても大丈夫」なんて言う子も。

今では日本で生活をしていてもたくさんの国の人と接する機会がありますよね!

それに、英語を知っていることで、海外の人とコミュニケーションをとることで、ほかの国のことも直接教えてもらう事だってできるのです。

スポンサードリンク

大人になったとき勉強したことが仕事に役に立つ!

勉強ができないと、大人になった時に仕事に就くことができない。

これは少し現実じみた回答になってしまいます。

それでも、

勉強ができなければ仕事をすることができない。
仕事をすることができなければ、お金を得ることができない。
お金を得ることができなければ、食べ物を買うこともできないし、家に住むこともできない。

このようなことを教えておくのも一つの方法です。

勉強することで将来の夢を叶えやすくなる!

勉強ができれば、将来の夢ができたときにその夢を叶えやすくなります。

子供というのは、漠然とした夢を持っていますよね。

最初はただの夢だったとしても、大きくなるにつれて現実味を帯びてくることもあります。

そうした時に、きちんと勉強をしておけば、子供が夢をかなえるために行かなければいけない学校にも、入りやすくなります。

勉強をしておけばよかったと後悔させないために!

夢を持った時に勉強を始めることもできますが、場合によっては間に合わずにもっと勉強をしておけばよかったと後悔してしまう事も。

せっかく持った夢なら、勉強が足りずに諦めるなんて言うことはしてほしくないですよね。

つまり、勉強をすることで、将来の夢をかなえることができるということが言えるのです。

まとめ

子供は勉強に行き詰まったり、勉強の内容を見てこんなことが将来の何の役に立つのが疑問に思うことが出てきますよね。

そして、そんな時には身近にいる大人、つまり両親になぜ勉強をしなければいけないのか聞いてくるはずです。

その時に、もちろんなぜ勉強をしなければいけないのかを教えてあげることも大切ですが、それよりも大切なことがあります。

それは、子供の話をきちんと聞いてあげることです。

もしも子供が親になぜ勉強をしなければいけないのか聞いた時、親が「そんなこと聞かないで、とりあえず勉強しなさい」なんて答えたらどうでしょうか?

きっと子供は勉強の意味を知らずにただつまらない勉強をやらされているだけになってしまいます。

しかし、なぜ勉強をするかを理解していれば、大変なときも乗り越えてくれると思います。

なぜ勉強をしなければいけないのかという質問の答えは、人によって違ってきます。

もしも親が勉強をせずに後悔をしたことがあるのなら、そちらも合わせて話してあげるとより子供の胸に響くと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ