産後の生理痛がひどい原因や悪化する理由は?腰痛との関係は?

産後の生理痛

産後の生理の再開時期とともに、もう一つ気になるのが産後の再開した生理の生理痛

もともと生理痛というのは人それぞれですよね。

しかし、出産後生理痛が

  • 軽くなったという人
  • 逆にひどくなったという人

もいます。

では、今回はどのような要因で産後の生理痛が妊娠前よりもひどくなるのか確認してみましょう。

スポンサードリンク

産後の生理痛が妊娠前よりもひどい原因

もともと生理痛は人によって違いがあります。

あまり気にならないくらいの痛みの人もいれば、動くこともできずに学校や会社を休むという人もいます。

では産後の生理痛がひどい原因というものにはどのような理由が考えられるのでしょうか。

ストレスが産後の生理痛がひどい原因になる?

まず考えられるのがストレスです。

産後、慣れない育児や家事に追われ、どうしてもストレスがたまりがち。

さらに外に出ることも少なく、発散する場所もなくなりますよね。

そうなると体内に影響を及ぼし生理痛がひどくなることがあります。

骨盤のゆがみが産後の生理痛がひどい原因になる?

次に骨盤のゆがみです。

出産する際、赤ちゃんが出やすいように、そしておなかの中で赤ちゃんを支えるために骨盤が開くということを知っている人は多いと思います。

骨盤は産後自然と元の戻るようになっているのですが、この時に骨盤がゆがんでいると元に戻らずゆがんだままになってしまいます。

これが原因で生理痛がひどくなります。

他にも子宮内膜症や出産時の胎盤の残留も考えられますので、異常を感じる・我慢できないほど痛む場合は病院を受診することをお勧めします。

スポンサードリンク

産後の生理痛が悪化する理由とは?

産後の生理痛が妊娠する前よりも悪化するということにはいろいろな原因が考えられます。

やはり一番多いのはストレス・そして骨盤のゆがみです。

その他にも妊娠の大敵で女性に多い

  • 冷え性
  • 食べ物(特に脂っこいものや炭水化物の取りすぎ)

によって生理痛が悪化するといわれています。

ストレスを解消するのは難しいですが、骨盤のゆがみや冷え性・食べ物の改善はできることなので、自分でできることから行っていきましょう。

もしも改善が難しい場合には、低用量ピルを使うことで生理痛を緩和することができるので産婦人科に相談してみましょう。

産後生理が再開した時の生理痛と腰痛の関係

産後生理が始まったとともに、生理痛が妊娠前よりもひどくなり、さらに腰痛を感じるようになったという人も中に入るようですね。

骨盤のゆがみが原因!

その理由にはいろいろ考えられますが、やはり一番考えられるのが骨盤のゆがみ。

妊娠とともに女性の骨盤は開いていきますが、それは出産後少しずつ戻るようになっています。

しかしこの時に骨盤がゆがんでいたりするとそのままの状態になってしまいます。

この時に育児やストレスがかかり腰痛になることがあります。

帝王切開が原因!

さらに帝王切開で出産をすると、どうしても切開時に腹筋を着ることになり、おなかに力を入れることが難しく身体のバランスが崩れて腰痛になることがあります。

まとめ

産後、生理痛が妊娠前よりも軽くなったという人もいますが逆にひどくなったという人もいます。

もしもひどくなってしまった場合には、まずはストレスや骨盤のゆがみが考えられるようです。

しかし、痛みがひどすぎたり、長く続く場合には子宮内膜症などの病気なども考えられるので病院を受診してみましょう。

さらに、どうしても痛みが緩和されない場合には、低用量ピルを使用することで緩和されるので、これも医師に相談してみるといいですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ