赤ちゃんの乾燥肌の原因は?かきむしるのを予防する方法は?

赤ちゃんの乾燥の原因にはどんな理由があるのでしょうか?

また、赤ちゃんが肌をかきむしるのを予防するにはどんな方法があるのでしょうか?

赤ちゃんの乾燥肌の原因

赤ちゃんの中には、小さいころからお肌が乾燥してしまう乾燥肌の子が結構いますよね。

特に乾燥の季節になると、何もしていないのに

  • お肌がカサカサしている
  • お風呂から出ると白く粉を拭いてしまっている
など、見た目も痛々しいもの。

赤ちゃんというと、どちらかというとお肌がとてもきれいというイメージがあり、女性としては赤ちゃんのあのツルツルのお肌がうらやましいと毎日思っている人も多いと思います。

そんな赤ちゃんのお肌がなぜ乾燥してしまうのでしょうか?

子供のカサカサの、かきむしり肌をなんとか予防してあげたいという悩みを解消するために確認をしていきましょう。

⇒かきむしり肌におすすめのボディーソープ

スポンサードリンク

赤ちゃんの乾燥肌の原因とは?

赤ちゃんとお肌というと水分が多くていつでもぷるぷる、つるつると思わずほおずりしたくなるお肌をイメージしますよね。

確かに生まれたばかりの赤ちゃんというのは皮脂の分泌量も多く、全身きれいなお肌ですよね。

実際に赤ちゃんのお肌の保水量は大人よりも多く、実に80%にもなるんです。

ただ、赤ちゃんの皮膚の薄さは大人の約半分。

そのため、実は赤ちゃんのお肌は、乾燥しやすく、それでいて敏感でもあるのです。

そんな赤ちゃんの敏感で薄いお肌はトラブルにもなりやすく、もちろん乾燥肌にもなりやすいのです。

他にも、生まれてしばらくたった赤ちゃんというのは、大人と比べると皮脂の分泌量も少ないので、

  • その分お肌を守る力も弱い
  • お肌の乾燥にもつながりやすい
ということになっていくのです。

スポンサードリンク

赤ちゃんが乾燥肌でかきむしるのを予防する方法は?

赤ちゃんのお肌が乾燥すると、どうしても気になるが赤ちゃん自身のかきむしりです。

ある程度大きくなった子供なら、かゆくてもある程度我慢をするという事はできますが、赤ちゃんの場合どうしても乾燥でお肌がかゆくなってしまうとかきむしってしまいますよね。

そうすると保護者が少しでもかきむしらないように守ってあげる必要があります。

かきむしりの予防方法

では、どんな予防方法があるのでしょうか?

爪をキレイにする

まず気を付けてあげたいのは、赤ちゃん自身の爪です。

いくらかきむしってしまうからと言って、親が24時間見守ってあげるのは不可能です。

そんな時に、まずできるのが赤ちゃんの爪です。

赤ちゃん自身の爪が伸びていると、ひっかき傷などが出来てしまったり、余計かゆくなって湿疹になってしまったりします。

その為、赤ちゃんの爪はこまめに切ってあげるようにしましょう。

かゆみを抑える

次に、しっかりと保湿をして、なるべくかゆみを抑えてあげることが大切です。

特に赤ちゃんの場合には、保湿クリームなどはやさしく、そしてこまめに塗ってあげることが大切です。

そして、お肌が乾燥しているなら、保湿ももちろんですが、なるべくお部屋などをしっかりと加湿して、合わせてかゆみを抑えてあげることも大切です。

ただ、よく赤ちゃんが顔などをかきむしってしまうというのを専用の手袋やミトンなどを使用して傷をつけるのを抑えるという方法が昔からありますよね。

確かに身体を傷つけることを抑えるという意味では有効かもしれませんが、手を動かすという事は赤ちゃんの脳の発達にとってとても大切なことなのです。

その為、身体をかゆがってかきむしってしまっていても極力手袋やミトンなどを手にはめてしまうというのはやめた方がいいかもしれません。

ビオチン配合のボディーソープを使う

赤ちゃんや子供の肌荒れがひどくてなんとかしてあげたいというママに人気なのが、

  • 乾燥肌
  • アトピー
などの皮膚炎に対して効能が期待されているビオチンを配合したボディーソープです。

お風呂のあとに保湿を頑張ったけどダメだったという人におすすめです。

この、かきむしり肌をケアをしてあげたいというママに人気のビオチンを配合したボディーソープ「しみずの無添加ボディソープ」は安心安全の国内生産、無添加にこだわった液体石鹸。

低刺激でしみにくいボディソープがお肌に潤いと美容成分を与えてくれます。

しみずの無添加ボディソープ

⇒かきむしり肌にも、しみないボディーソープ「しみずの無添加ボディソープ」の公式サイトへ

まとめ

意外と赤ちゃんの中には乾燥肌の子や敏感肌の子は多いものです。

そんな時には、常に保湿をしてあげたり、乾燥しないために乾燥しない環境づくりを作ってあげるという事はとても大切なことです。

特に乾燥がひどい場合には、皮膚科や小児科を受診することも必要になってきます。

ただ赤ちゃんが乾燥しているだけと言っても、はっきり言ってみているだけでもちょっと痛々しいですよね。

少しでも早く改善させてあげるように、そしてかきむしりを抑えてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ